スポンサードリンク

下半身太りの原因 脚やせの前に・・・

下半身ダイエット、その中でも脚やせは、多くの女性が注目
するダイエットです。

そもそも、下半身太りは、なぜ起こるのでしょうか?
下半身ダイエットの前に、下半身が太る原因について
少し説明します。

脚が太いという悩みを解消すべく、下半身ダイエットに励んだが、
それも効果がないという新しい悩みを抱える事となった人も
少なくないでしょう。

なぜ脚やせは効果が出ないのか?

それは、脚をはじめとする下半身自体が、他とは違った太り方を
するためです。

太る、というのは単純に、脂肪細胞の中にある脂肪が多いという
現象のことです。もちろん、脂肪は常に入れ替わるのですが、
出て行くものが少なかったり、入ってくる方が過多だったりする
ことで下半身や脚、太ももは太るのです。

その脂肪の出入りをコントロールするのがレセプター(受容体)
という部分なのですが、これは通常、脂肪貯蔵レセプター一個に
対して、脂肪放出レセプターが六個ついているそうです。

それが、下半身は全く逆で、放出するレセプター一個に対し、
溜めるレセプターが六個もついているそうなのです。

このため、下半身は太りやすい、足が太くなる、といった現象が
起こるのです。
つまり、下半身ダイエットや脚やせは、かなり努力が必要と
いえます。

では、通常のダイエットの6倍、がんばればいいのかというと、
そうではありません。

脂肪や水分、老廃物などをどんどん溜め込む皮下脂肪組織、
セルライトというものが、太ももやお尻の周りに存在します。

セルライトというのは、そのほとんどが脂肪で、ほうっておいた
脂肪が固まった、いわゆる頑固な脂肪になります。

ただ、普通の脂肪組織ではなく、正常に働かない身体の器官に
よってダメージを負った脂肪組織ともいえます。

セルライトは体重の多少に関わらず存在しますが、女性は
下半身に皮下脂肪を溜め込みがちなために、セルライトも
下半身に発生しやすいといわれます。

セルライトは、脚のむくみや冷えからも起こりやすいといわれる
ので、脚やせダイエットと同時に、リンパマッサージなども
行なう必要があります。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。