スポンサードリンク

キャビテーションで副作用・失敗はあるの? 経験談を調べてみた

キャビテーションについて、副作用と失敗談について調べてみました。
前回、メスを使わない脂肪吸引と言われているキャビテーションについて
メリットやデメリットを調べてみました。

まだまだ、新しい施術であるキャビテーションについては、その仕組みや
方法について詳しくない人も多いはず。

そこで今回は、キャビテーションを行った際に副作用があるのか?
また、実際にキャビテーションを行った人で、失敗したと言う人の
経験談などについて調べてみました。

○キャビテーションに副作用はあるの?
インターネットでキャビテーションの副作用について調べてみると、
多くのサイトで、キャビテーションは副作用がまったくありません
と書いてあります。

調べたことがある人はご存知かもしれませんが、確かに脂肪吸引と
違って、傷跡が残ったりすることはありません。

同時に、施術時の痛みや腫れなどもないと言われています。

これらのことは、おおよそ間違ってはいませんが、人によっては
超音波を不快に感じたりする人もいるようです。

基本的にキャビテーションで用いられる超音波は、人には
聞こえないものですが、敏感な人は、何かしら感じ取ってしまい、
気分が悪くなったと言う人もいるようです。

施術後の副作用については、あまり報告がないようですが、
キャビテーションを受けるときは、クリニックやエステの
評価についてきちんと調べておく必要があります。

また、実際にキャビテーションを受けた後、体調が悪くなったり
したときは、すぐに施術を受けたクリニックもしくはエステサロンへ
相談するようにしましょう。

○キャビテーションは失敗することがあるの?
キャビテーションも他の痩身法と同じで、人によって効果に
差が出ることがあります。

もともと硬いセルライトに悩んでいる人がキャビテーションを
受けると、1回の施術でセルライトが柔らかくなったという人もいます。

しかし、セルライトではなく、柔らかい脂肪にキャビテーションをしても
若干柔らかくなるだけなので、あまり効果がなかったと感じて、失敗したと
いう人もいるようです。

キャビテーションは、複数回の施術で効果が出ると言われていますので、
1回の施術であまり効果がなくても、失敗したと感じても、ある程度
回数を重ねると痩せてきたという実感がわいてくると言われています。

また、キャビテーションを受けた後、破壊された脂肪細胞を体外へ排出
する必要があります。

そのため、キャビテーションの直後に、新陳代謝を上げてあげると
より効果が出やすいそうです。

たとえば、水分の摂取や有酸素運動、マッサージなどをキャビテーションのあとに
行うことで、キャビテーションの効果を最大限にしてくれます。

もし、1度キャビテーションを受けたけど、効果が実感できなかったと言う方は、
施術と組み合わせて新陳代謝を上げることを意識してみましょう。


やはりクリニックやエステでキャビテーションを考えている方は、
情報収集が非常に大切です。クリニックやエステのホームページだけでなく、
口コミや評価について、さまざまなサイトを調べておきましょう。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。